敬老の日の由来と対象となる年齢について

敬老の日は毎年9月の第3月曜日で、この日は家族や社会のために長年働いてきたお年寄りに感謝して大切にしようという意味が込められた日本国民の祝日です。

2002年までは9月の15日が敬老の日と定められていましたが、ハッピーマンデー制度の導入によって、2003年から毎年9月の第3月曜日に変更になりました。

基本も充実した敬老の日の情報をお届けします。

敬老の日の由来については諸説ありますが、一般的には兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の「としよりの日」が始まりと言われています。



野間谷村では昭和22年に「お年寄りを大切にしてその知恵を生かした村作りをしよう」という考えの下、9月15日を「としよりの日」として敬老会を催すことにしました。

その取り組みは村から県、県から国へと徐々に拡大し、昭和41年に国民の祝日に関する法律が改正されて9月15日が敬老の日になりました。もうひとつが聖徳太子の説です。

聖徳太子が大阪の四天王寺に老人や病人向けに作った悲田院という施設の誕生が9月15日であったため、この日が選ばれたというものです。


他にもいくつか説がありますが、正確な由来は未だ分かっていません。



ところで、敬老の日は実際に何歳から祝ったらよいかをご存知でしょうか。

あまり早いと相手に対して失礼になってしまうという難しい問題ですが、祝日法では特に対象年齢を定めてはいませんので各自の判断となります。法令では65歳以上を「高齢者」としていますが、年齢に対する考え方や感じ方は人それぞれなので、おじいちゃんやおばあちゃん、ご両親の気持ちを考えてお祝いすることが大切です。