敬老の日のギフトについて

9月の第3月曜日は敬老の日と決まっており、高齢者に感謝を表す日となっています。
祖父母にギフトを渡すことが一般的となっていますが、そんな時に悩むのが子供が小さい場合に、義両親にもプレゼントを渡すのかという点ではないでしょうか。まだ精神的にも若い義理の両親に対して敬老の日にギフトを渡すと、かえって失礼にあたってしまいトラブルになる可能性もあるので気を付けなくてはなりません。パートナーとしっかり相談をして、敬老の日にギフトを渡すべきか考えるようにしましょう。しかし子供が生まれて孫ができたタイミングというのは、敬老の日にギフトを渡す良いきっかけにもなります。

敬老の日の様々な情報を掲載しています。

保育園や幼稚園に子供が通い始めた時には、行事として行なっているということを伝えるとよりスムーズに渡すことができます。



義理の両親と普段はあまり交流がない場合にも、敬老の日なら感謝を伝えやすいというメリットもあります。



初めてとなれば何をプレゼントしたら良いのかで悩みがちですが、一般的には花やお菓子、お酒類が喜ばれる傾向にあります。

健康グッズや年齢を感じさせるアイテムは、まだ精神的に若い義理の両親にプレゼントすると、マイナスにつながってしまうこともあるので気を付けましょう。

基本的にはお茶やハンカチなどマナー違反とされているものは避けておくのが無難ですが、本人から欲しいというリクエストがあった場合にはプレゼントしても問題はないので、あらかじめ確認しておくのも一つの手段です。