高齢者施設で実施されている敬老の日のイベント

9月15日は、日本では敬老の日と制定をされています。


祝日でもあるので多くの方がその存在をご存知でしょう。

こだわりの敬老の日情報を利用してみませんか?

おじいちゃん・おばあちゃんなら、お孫さんが自宅に来てお祝いをしてくれるものです。


ごちそうを囲んでこれからも元気で過ごそうと思われる日です。

なかには高齢者施設に入居をされている方もいますが、そこでも敬老の日は通常とは違ったサービスを実施されています。

ここでは簡単に、高齢者施設で実施をされている敬老の日のイベントについてご紹介をしましょう。
計4つの特別介護老人ホームやケアハウスを参考にしたところ、落語家を招いた寄席・コンサート・音楽会・映画鑑賞会というものでした。



どれもレクリエーションといえるものであり、対象者に合わせた内容になっています。さらに施設で用意をされるお食事も敬老の日は特別メニューになっていました。



例えば赤飯・タイの塩焼き・うな重などが多く、お祝いを意味していることがわかるでしょう。

通常は栄養価やカロリーを計算したものですが、敬老の日はその限りではなく、年に数回の貴重な祝いを意味しているといえます。

高齢者施設の場合、多くの同年代と過ごすものです。


お子さんやお孫さんと暮らして祝う席とは若干異なりますが、同じ年代同士で過ごすのも良いものです。
普段とは違った空間を満喫でき、ごちそうを食べながら末永く健康でいることを目指せる日ともいえます。


イベントはその手助けをしてくれるものです。